世界3大ED治療薬バイアグラの作用効果

バイアグラ箱

バイアグラとは、ED改善薬(勃起不全)として世界一番最初に開発されたお薬です。

バイアグラは、1998年にアメリカ合衆国で販売されたことがきっかけで有名となり、ED(勃起不全)の改善に発揮する効果は絶大だとして、瞬く間に日本でも広がりました。

バイアグラが販売されたばかりの頃は、ED症状がない方でも興味本位で服用する方が多く、重い副作用を発生させる事例が急増しました。

また、バイアグラの服用方法を守らずに服用した方の中には、心配停止の事例も起きていました。

日本では、バイアグラで健康被害が多発したことにより、早急に製造販売を承認し、安全対策を取らざるを得ない状況になりました。

日本でバイアグラが認可・販売されたのは1999年のことで、承認申請からわずか半年間という異例のスピードで認可され、1999年1月25日の販売承認を取得、1999年3月23日より販売されるようになったのだといいます。

バイアグラの有効成分

バイアグラの有効成分は、「クエン酸シルデナフィル」で、この成分がED改善に大きな働きを促してくれます。

クエン酸シルデナフィルは、陰茎の海綿体における血流を阻害する酵素PED5を阻害する、という効果を発揮します。

これにより、海綿体の血管を拡張させ、勃起不全の効果を誘発させます。

男性器は、陰部への血液の充血と、静脈の圧迫により硬く大きくなります。

勃起は性的興奮を感じることで、陰部にあるスポンジのような組織で出来ている海綿体に血液が流れ込み、膨張することで静脈が圧迫され血液がそこに留まり、男性器が勃起します。

クエン酸シルデナフィルは、血管を拡張させることにより、勃起を起こさせる効果があるというわけなのです。

kekkan_dorodoro

kekkan_sarasara

バイアグラは、よく精力剤や媚薬と勘違いされがちなのですが、性的な興奮を増大させる作用はありません。

あくまでバイアグラは、血管を拡張させ、勃起を促進するためのものです。

もともとED症状はなく、性的興奮を求めるためにバイアグラを服用したいと考えている方は、バイアグラにはそのような効果はありませんので、服用をお止め下さい。

EDに悩む男性は、現在も世界中に多くいらっしゃいます。

日本でも50代から60代男性の半数がED症状に悩まされており、治療を行っているといいます。

バイアグラは今もなお、ED治療薬として欠かせないお薬で、EDに悩む多くの男性を救っているお薬なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ