バイアグラとシアリスにはこんな歴史がありました!

iryou_jujisya

ED治療薬として有名な「バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィル」や「シアリスの有効成分タダラフィル」は、それぞれ歴史があります。

この2つの有効成分はもともとEDの改善薬としてではなく、別な症状の治療薬として使用されておりました。

バイアグラとシアリスは、一体どんな症状の治療薬として使用されていたのかご説明いたします。

バイアグラの歴史

バイアグラには、有効成分としてクエン酸シルデナフィルが配合されております。

クエン酸シルデナフィルは、1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まりました。

しかし、第1相臨床試験において狭心症への効果は思ったより少なく、そのかわり陰茎の勃起を促進する作用が発見され、これを適応症として発売されることとなりました。

job_science_teacher

クエン酸シルデナフィルがバイアグラの主成分となり、販売が開始されたのは1998年のことです。

バイアグラは、最初アメリカで販売されていたのですが、販売当初からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、多くの個人輸入代行業者が手がけるようになりました。

これにより、日本では新薬として異例な短期間で厚生労働省の承認が下り、1999年1月25日に日本でのバイアグラの製造が正式に承認され、同年3月23日よりファイザーから医療機関向けに販売されています。

バイアグラは、有効性が高く認められているため、今も人気の絶えないED治療薬です。

シアリスの歴史

シアリスは、有効成分としてタダラフィルが配合されております。

タダラフィルは、男性器の血流を増加させて勃起を起こすお薬ですが、そもそもの作用は血管平滑筋という、血管を構成している筋細胞を弛緩させることが目的とされています。

この作用により前立腺肥大症の改善にも効果があることが発見されました。

前立腺肥大症とは、前立腺が加齢とともに肥大化することにより、尿道や膀胱が圧迫され、さまざまな排尿障害がでてくる病気のことです。

前立腺は男性にしかない生殖器の一つで、前立腺液といわれる精液の一部を作り、精子に栄養を与えたり、精子を保護する役割を持っています。

magnifier1_doctor

前立腺は直腸と恥骨の間にあり、膀胱の出口で尿道を取り囲んでいます。

このため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて、排尿に関わるいろいろな症状が現れます。

前立腺肥大は尿道周囲の内腺に発生し、前立腺癌は外腺に発生します。

タダラフィルは、2014年に前立腺肥大症の治療薬として製造販売が承認されました。

これらの作用により、シアリスが爆発的に人気な理由が分かりましたね。

シアリスは、ED治療薬としても高い効果が期待できるお薬です。

EDと前立腺肥大症両症状にお悩みの方は、是非ともシアリスをお試し下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ