ED治療薬レビトラ(levitra)の効果・副作用について

レビトラ

商品名 :レビトラ

メーカー:Bayer

ブランド:バイエル

成分  :バルデナフィル

内容量 :1箱4錠 (10mg/20mg)

商品形状:Tablet

レビトラは、バイアグラよりも即効性があり、副作用も少ないED治療薬として注目されているお薬です。

レビトラの主成分バルデナフィルは、陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害するため、ED改善に役立つとされています。

日本で認可されているレビトラの種類は5・10・20mgの3種類があります。

ですが、5mgのものだと効果があまりないという点から、医療機関では10・20mgのものを薦めている場合がほとんどです。

レビトラ使用方法

nomikata

性交渉の約1時間前に服用することで、10mgで約6時間、20mgだと約10時間もの長い時間、効果が発揮されます。

レビトラは、食事の影響を受けにくいとされているお薬ですが、空腹時に服用することで高い効果が期待できるといいます。

レビトラを服用した際は、次の服用までは必ず24時間以上あけてください。

レビトラ副作用・注意点

OZ85_karutemotuisya20140321160021500-thumb-1000xauto-5403

レビトラは、副作用が少ないと言われておりますが、全くないわけではありません。

レビトラに含まれている有効成分であるバルデナフィルには、血管を拡張させる働きがあるため、硝酸薬などを定期的に服用している方がレビトラを服用すると、重い副作用が現れたりする危険性があります。

健康な成人男性の場合は問題ないですが、そんな方々でも服用者の中には一時的に、頭痛や顔のほてり・鼻づまりなどの症状を感じる方も少なくありません。

レビトラを服用されたことにより強い副作用を感じた場合は、必ず医師の指導を仰いで服用してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ