ED治療薬はPE改善にも役立つお薬があります!

性交渉失敗2

ED治療薬とは、男性器の勃起不全を改善するお薬です。

世界中で有名な「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」は、ED治療としての有効性が高く、今もED症状に悩む多くの男性を救っております。

この3つのED治療薬は、有効性が高いことから同じ成を配合するジェネリック医薬品が数多く販売されております。

そして、数あるEDジェネリック医薬品の中には、ED症状とPEを改善するお薬も販売されているといいます。

PEってなに?と疑問に思われた方に、PEとはどのような症状なのかご説明いたします。

PEとは、「Premature Ejaculation」の略であり、日本では早漏症と呼ばれています。

早漏とは、射精のタイミングを上手くコントロールすることができず、「射精したい」と思うよりも早く射精してしまうことを指します。

PEの種類について

PEの種類は、大きく分けて5パターンあります。

PEの原因とされている症状については、以下の通りになります。

1つは、過敏性のPEです。

過敏性早漏過敏性早漏は早漏の原因の中でも最も多い原因とされています。

過敏性早漏は、皮膚や粘膜の神経、陰茎の感触神経が非常に過敏なために、ちょっとした性的な刺激ですぐに射精してしまうのだといいます。

通常、大脳内に性的刺激が伝わることで射精の準備が始まるのですが、陰茎部分の神経が過度に敏感な方は、大脳より先に外的刺激で身体が反応してしまい、脊髄末端の射精中枢が興奮の頂点に達し射精してしまうので、実際には大脳は充分興奮していないにも関わらず精液が自分の思いとは無関係に不本意に放出されてしまいます。

2つ目は、心因性のPEです。

心因性早漏の原因は、大脳で感じる性的な快感が非常に敏感に反応することで、少しの刺激にもかかわらず大きな刺激を受けたように感じてしまい、過剰な興奮を起こし射精を早めてしまいます。

3つ目は、衰弱性のPEです。

衰弱性早漏は、自分の意思とは関係なく射精筋肉が弛緩されてしまい、そのため射精を抑えることができず、早漏となってしまいます。

衰弱性早漏は、学者や頭脳労働者によくみられるタイプだといいます。

4つ目は、包茎性のPEです。

包茎性早漏は、亀頭が常に陰茎の包皮に覆われていることで、普段皮を被っている亀頭には性交渉の際の刺激が強く感じるため起こる症状です。

5つ目は、仮性のPEです。

仮性PEは、性交渉の経験が少ない、または性交渉を長い期間行っていなかったために、性交渉時に極度に緊張してしまい射精が早くなってしまう症状です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ