有酸素運動で勃起力アップ

5826850846_12362c289e

有酸素運動とは、体に酸素を取り入れながら行う運動のことで、勃起力アップや勃起不全の改善にも効果があると言われています。

有酸素運動で特にオススメなのが、ウォーキングやジョギングなどの下半身中心の有酸素運動になります。

では、どうして有酸素運動が勃起力を向上させるために効果的なのでしょうか!?

今回は4つの理由に分けて解説していきます。

内臓脂肪を減らすことができる

内臓脂肪はお腹の内側についた脂肪のことですが、量が増えると血管内に脂肪が流出しやすくなります。

血管内の脂肪量が増えると血液がドロドロになり、血流が悪くなります。

男性器は血液が正常に送られることで勃起します。

しかし、血流が悪くなれば勃起力は落ちてしまいます。

なので、内臓脂肪は勃起を防げる原因になるわけなのです。

セロトニンの働きが高まる

ウォーキングやジョギングは同じ動作を繰り返す運動です。

ウォーキングやジョギングを続けると、脳内からはセロトニンという物質が分泌されます>

このセロトニンは自律神経をコントロールして交感神経と副交感神経のバランスをとるのに重要な役割を果たします。

これらの神経のバランスを取ることにより、精力アップに重要な男性ホルモンの分泌量が増えるので、勃起力の改善にも繋がるのです。

血行が良くなる

継続的に有酸素運動を行うことは血行改善にも繋がります。

勃起力を高めるには血流の改善が大切です。

そのため、血流が良くなる有酸素運動は正常な勃起をするために重要となります。

下半身の筋肉が鍛えられる

下半身を動かす有酸素運動を継続的に行えば、太ももやふくらはぎの筋肉量が徐々にアップしていきます。

下半身の筋肉を鍛えられば男性ホルモンの量がアップしやすくなりますので、精力アップにも繋がります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ