男性必見!男性の精子や精液の量を増やす方法を紹介

20130124nakata01

EDで悩んでいる人だけでなく、年を重ねると射精したとき

精液の量が少ないと感じてはいませんか?

加齢や食生活、運動不足によって男性ホルモンが減少しているからです。

これはしっかり対策していきたい問題です。

特に、パートナーとの間に子供を授かりたい場合は必ず対策していくべきです。

その対策方法を紹介します。

精子や精液を作り出す方法は?

精子はなんと75日間という月日をかけて作られます。

栄養素はもちろん食事からです。

なので、バランスのよい食事が大事になってきます。

その中でも元気な精子を作る成分を紹介します。

亜鉛

81p8AfIYtPL._SY355_

精子製造を促進させる働きをします。

射精のたびに精子の増産に使用されます。

そして、毒物と一緒に対外に出されます。

亜鉛が不足してしまうと、疲労、味覚低下、性欲減退、男性ホルモンへの悪影響の作用があります。

セレニウム

Picture_Serenium

精子の運動能力を活発化させる働きをします。

体内にあるセレニウムの半分が、男性の睾丸と前立腺につながる輸精管に集中しています。

セレニウムが不足してしまうと、老化、感染症、生殖機能の低下、精子数減少のおそれがあります。

コレステロール

160_F_72859844_JyLA0DtrLs5U5yuGKYSLgGIAcG9eoGLy

コレステロールは男性ホルモンを作る原料となります。

コレステロールのとり過ぎは身体によくありませんが、まったくとらないのもだめなのです。

適度な量のコレステロールを摂取するように心がけましょう。

まとめ

いかがですか?

老化などで精子や精液が少なくなった男性のみなさん

ぜひ自分の食生活を見直してみてください。

努力次第で改善できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ