肥満男性はEDになりやすい!?

004854

EDとは男性器の勃起不全を指しますが、肥満男性はEDになりやすいのかという質問をいただきましたので、ご説明いたします。

肥満とは単に体重が重いことではなく「脂肪組織が過剰に蓄積した状態」を現します。

肥満の判定にはBMIという国際的な基準が用いられます。

米国で行われているMMASと呼ばれる大規模な調査によると、BMI値が高まれば高まるほどEDは悪化し、改善しにくいという興味深い相関関係が明らかになりました。

日本では、BMI22のときの体重が最も健康的であると考えられており、糖尿病や高血圧などが起きやすくなるBMI25以上を肥満と定義しています。

BMI30以上で男性ホルモンの低下がみられ、BMI40以上では、さらに著しく減少するとされています。

肥満を改善すればEDも治るの??

shutterstock_237937540

35~55歳の肥満男性で、糖尿病、高血圧、脂質異常症のいずれの兆候もない人を対象とした継続的な調査によると、10%以上の体重減少を実行したグループのBMIが2年間で36.9から31.2に減少したのに対し、何もしなかったグループのBMIは36.4から35.7の減少にとどまりました。

同じグループを対象に行ったEDの重症度判定(満点=25)では、体重減少実行グループが13.9から17.0に改善されたのに対し、何もしなかったグループでは、13.5から13.6と、ほとんど変化が見られませんでした。

このことからも、肥満がEDを招くリスクの1つであることが分かります。

40~70歳の男性1000人以上を対象に米国・ボストンで行われた8年余りの追跡調査では「EDは肥満に関係し、運動不足とも関係が深い」という結果を示しています。

つまり、肥満の人ほど、EDになりやすく、運動をすれば改善する可能性が高いと考えられます。

なので、EDの予防するにも肥満を改善するにも、食生活の見直しと適度な運動を続けることが改善につながるといえるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ