ED改善をサポートしてくれる食べ物(亜鉛)とは?

ED改善によいとされる成分でとくに有名なのが、【亜鉛(あえん)】です。

亜鉛は、EDを含めた男性機能障害の関係については海外でも複数の論文が発表されています。

亜鉛には男性ホルモンを正常化させる働きがあるとされていますので、男性ホルモンの分泌が正常に働いていないことが原因で性欲が弱まっている場合、亜鉛は強力なサポーターとして体に機能してくれます。

ED改善に役立つ食べ物(亜鉛)

aen01

亜鉛は牡蠣、うなぎ、牛肉(もも肉)、チーズ、レバー(豚・鶏)、卵黄、大豆、納豆、きな粉、豆腐、そば、ゴマ、緑茶、抹茶、カシューナッツ、アーモンド、黒米、赤米などに含まれます。

なお、亜鉛の1日の必要量は15mgとされています。

亜鉛を摂ろうとして動物性脂肪まで大量摂取しすぎないよう、食事バランスには気を付けるようにしましょう。

また、滋養強壮系のドリンクによく含まれているアミノ酸の一種『タウリン』もオススメとされています。

イカやタコ、魚の血合い、エビや貝などの魚介類に多く含まれている栄養素で、肝機能を向上させる効果があります。

また、肝細胞を安定させ、傷ついた細胞には再生を促進させる効果もあり、胆汁酸の分泌を促す効果もあるといいます。

この活性化により、肝臓に溜まった脂肪を外に排出させる効果があり、また血中のコレステロールも抑えられるため、血液がサラサラになることが期待でき、スムーズな血液の流入による勃起につながります。

また、臓器が元気になることで、精力が付くこともうれしい点であります。

『ムチン』は、タンパク質の吸収を促し、疲労回復・体力強化に効果的な成分で、精力増強にもつながります。

例えば納豆や山芋、オクラ、サトイモ、ヤマイモなどのネバネバ系食材に多く含まれています。

こうした栄養素を意識して摂取していくことで、健康促進だけでなく、ED改善にもつながっていきますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ