ED改善に効果的なアルギニンの摂取方法とは

ジム通いやスポーツをしている人が摂取しているサプリメントによく入っているアルギニン。

ED(勃起不全)にも効果があるといわれているようですが、実際、EDへの効果はあるのでしょうか。

効果があるとしたら、どのように摂取するのが良いのでしょうか。

アルギニンについて具体的に説明していきます。

アルギニンの働き

444

必須アミノ酸のアルギニンは人体にさまざまな効能があるといわれています。

アルギニンの主な効能は、成長ホルモンの分泌促進による筋肉増強やアンチエイジング、血管拡張による血流改善、疲労回復、免疫力向上などがあります。

血流改善に関しては、一酸化窒素の生成を促すシトルリンと似た働きをしていて、近年、EDにも効果があることがわかりました。

アルギニンはタンパク質の一種で体内で作るのは難しいとされている成分です。

サプリメントだけでなく医薬品にも含まれていることがあります。

生活習慣病の予防、免疫力アップ、アンチエイジング、性機能の改善に効果があるとされています。

EDへのアルギニンの効き目とは

141204-0001-thumbnail2

EDの原因は大きく分けて器質的なもの、機能的(心因性)なもの、およびその両方から起因する混合型がありますが、アルギニンは器質的なものに起因するEDの場合に効果があります。

陰茎の勃起は一酸化炭素によって起こることが近年明らかになりました。一酸化窒素はアルギニンから作られるため、アルギニンが少ないと一酸化炭素不足となりEDの原因になります。

ちなみに、ED治療薬バイアグラは、一酸化炭素を増やすアルギニンとは異なり、単に一酸化窒素の働きを強めて血管を拡張してEDの症状のみを改善するものです。

EDは血流が悪くなることが主な原因とされていますが、アルギニンは一酸化炭素を増やす働きがあります。

陰茎の血管は一酸化炭素が作用することで血管が拡張されて、精力増強、精子量のアップに繋がります。

アルギニンの摂取量・服用方法

pc_img2_s-300x199

アルギニンの目安量は6~7g/日です。

普段の食生活では6割程度しか摂れていないといわれているので、残りの3g/日をサプリメントで補っていくことでより高い効果が期待できると思います。

アルギニンを多く含む食品はアーモンドなどのナッツ類、豆類、肉類、魚介類、乳製品などです。

成長ホルモンの分泌が盛んになるのが就寝後、筋トレ後になるので、サプリメントを飲むタイミングとしては、筋トレ前か就寝前が効果的です。

十分な水分と一緒に飲んでください。

スポーツしている人はトレーニング前に、していない方は就寝前の摂取が良いようです。

しばらく試しても効果が感じられない場合は、他のタイプのEDの可能性もあるので、医療機関を受診してみるのが良さそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ