亜鉛不足はEDの原因となります。

3118462738_ff8a0e2f40

亜鉛不足は、性機能障害を引き起こして、ED(勃起不全)の原因となる可能性があります。

亜鉛は、男性器に密接な関連を持つ微量元素です。

亜鉛は人間にとって必須のミネラルであり、新陳代謝の促進や、食欲、味覚、嗅覚の正常化、ホルモンの分泌や生成、性器の健康維持、精子の生成など体内では様々な役割を持っています。

一日の亜鉛必要量は乳児で3.0~5.0mg、小児で7.5mg、成人で10~15mgとなっております。

亜鉛は、十二指腸から吸収されるので、腸管吸収の障害を示す疾患によって、 容易に不足となる可能性があります。

現代の日本人は加工食品・精製食品を食べる機会が増えたため、亜鉛は不足傾向にあるといわれています。

そして亜鉛が身体から不足してしまうと、免疫機能低下、精子の減少、味覚異常などの様々な欠乏症をおこします。

亜鉛はEDを治すことができるの??

亜鉛は、摂取することで精子の量が増えたり、精子の活動量が上がるという報告はありますが、亜鉛でEDを治癒できるという化学的根拠は未だ見つかっておりません。

しかし、亜鉛を摂取したED患者の中には、ED改善に役立ったという報告があります。

仮に直接的な改善効果が無いとしても、亜鉛の摂取は間接的にEDを治すきっかけになることはほぼ確実なのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ